娘の結婚(ドラマ)のあらすじ(内容)やキャスト!放送日と時間

娘の結婚

娘の結婚というドラマが2018年の1月に新春スペシャルとして放送されます。

 

そこで、この記事では娘の結婚・新春ドラマスペシャルのあらすじ(内容)やキャストに加えて、放送日や時間も紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

娘の結婚・キャスト

娘の結婚のキャストは、

キャスト
  • 中井貴一(國枝孝彦)
  • 波瑠(実希)
  • 満島真之介(真)
  • 光石研(古市敏之)
  • 奥貫薫(國枝佳実)
  • キムラ緑子(古市景子)
  • 段田安則(柴山善郎)
  • 原田美枝子(片岡綾乃)
  • 長谷川朝晴
  • 椿鬼奴
  • 松本若菜
  • 三倉佳奈
  • 金剛地武志
  • ハマカワフミエ
  • 小篠恵奈
  • 奥平フミ
  • 瞬間メタル
  • ついひじ杏奈
  • 小寺結花
  • 白鳥樹理

こんな感じになっております。

娘の結婚のあらすじ(内容)

國枝孝彦(中井貴一)は、妻の佳実(奥貫薫)を亡くしてから娘の実希(波瑠)と2人暮らしをしていた。

 

今まで、娘を男手1つで育ててきたが、ある時、娘の実希(波瑠)がこんな事を言い出した。

「会って欲しい人がいるの」

と・・・・。ある男性を紹介したいと言う。

しかし、國枝孝彦(中井貴一)は、ある理由があってこの話には乗り気ではなかった。

 

そしてある日、に國枝孝彦(中井貴一)は、この事を理由も含めて洗いざらい友人の柴山善郎(段田安則)に話した。

実は、会って欲しい人というのは、以前住んでいたマンションの隣人で、古市敏之(光石研)と古市景子(キムラ緑子)の息子の真(満島真之介)だった。

実希(波瑠)の幼なじみだ。

 

しかし・・・

國枝孝彦(中井貴一)が気になっていたのは、真(満島真之介)のことではなく、母親の古市景子(キムラ緑子)の方だった。

実は、古市景子(キムラ緑子)がトラブルメーカーだというところが気になっていたのだ。(この事実は、以前のマンションから引っ越すまで知らなかった)

 

もしかしたら、亡き妻の佳実(奥貫薫)とも確執があったのでは?と悩んでいた。

「このことをどう娘に伝えれば良いんだろう」

と悩んでいた時に國枝孝彦(中井貴一)は、大学時代の恋人、片岡綾乃(原田美枝子)と偶然再会することになる。

 

そして、この話を片岡綾乃(原田美枝子)にするうちに、片岡綾乃(原田美枝子)と、景子(キムラ緑子)に繋がりがあることを知る。

ここから國枝孝彦(中井貴一)は、娘に何とか幸せになってもらいたい、と思いながら、色々悩んだり葛藤していく中で、ある真実に辿り着く・・・・。

スポンサーリンク

娘の結婚・放送日と時間

2018年1月8日(月)20時〜

 

放送日時を見ると、正月休みも終わって仕事初めだという人もいるかもしれませんが、気になる方は是非。(予約録画でも良いですね)

まとめ

今回は、、娘の結婚・新春ドラマスペシャルのあらすじ(内容)やキャストについて言及しつつ、放送日や時間も紹介してきました。

 

こういうドラマは、娘のいるお父さんが見ると、色々と思うところがあるんだろうなあ、と思いました。

あ、娘のいるお母さんも・・・

 

私の場合は息子はいるけど娘はいないので、娘がいるお父さんの気持ちは分かりませんが、子供を持つ親は色々と考えさせられるドラマかもしれませんね。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください