鏡開き(2018年)はいつ? 愛知(名古屋)や関西、九州を調査

2018年も始まりましたが、鏡開きがいつあるのか?をご存知でしょうか?

 

そこで、この記事では鏡開き(2018年)はいつあるのか?

また、 愛知(名古屋)や関西、九州や北海道、岡山や広島など各地域ごとに鏡開きが行われる日を調査してみました。

 

・・・と、その前に鏡開きについて知らない場合もあると思うので、鏡開きの意味についてザックリ解説しておきますね。

スポンサーリンク

鏡開きとは?

鏡開きとは、お正月に仏様(神様)にお供えしていた鏡餅を下げて、それをお汁粉などにして食べる、という行事です。

 

鏡餅をお供えしていた時に神様の魂が宿ると言われてるので、その鏡餅を食べることで無病息災などが期待できると言われています。

2018年の鏡開きはいつ?

いきなり結論から言うと、基本的に鏡開きは、

1月11日

となっています。

この基本的に・・・という言葉をつけた理由は、地域によって鏡開きが行われる日が違う場合があるから。

 

では、ここからは地域ごとに鏡開きがいつ行われるのか?を紹介していきましょう。

ちなみに、日本の首都がある関東地方は1月11日が鏡開きを行う日となっています。

愛知(名古屋)

愛知県(名古屋含む)の鏡開きがいつなのか?という事ですが、先程紹介した関東と一緒で、

1月11日

となります。

 

ちなみに私は、東海地方に住んでいるので、1月11日が鏡開きとなっています。

関西

関西の鏡開きは、

  • 関西は1月15日(一部の地域では1月20日)
  • 京都の一部の地域は1月4日

このようになっております。

 

他の県のほとんどが1月11日に鏡開きをするのに対して、関西は1月15日だったり20日だったり、4日だったりします。

特に、京都は正月の三が日が終わった時点で正月が終わり、という考え方があるらしく、すぐ(4日)に鏡開きをするそうです。

スポンサーリンク

九州(福岡)

福岡県も含めた九州地方は、関東や愛知と同じく鏡開が行われる日は、

1月11日

 

となります。

九州地方の鏡開きが関東と同じ理由は、参勤交代制度で江戸に出張に行っていた九州地方の大名が江戸の風習を持ち帰った事から同じ1月11日になったと言われています。

北海道・岡山・広島

北海道や岡山、広島なども関東と同じく鏡開きは、

1月11日

となるそうです。

鏡開きが1月11日になった理由

こうして見てみると、関西地方以外は1月11日に鏡開きをやることになるのですが、何故1月11日に鏡開きをするのでしょうか?

 

実は、鏡開きは室町時代〜江戸時代の初期までは1月20日に行われていたんだとか・・・。

しかし、徳川家光が4月20日に亡くなった為、20日にするのを避けて、1月11日に変わったと言われています。

 

現在でも、関西の一部の地域が1月20日に鏡開きを行っている理由は、江戸幕府の御触れ(鏡開きは1月11日に変えましょう、という伝言)が届かなかった為、昔の日程がそのま引き継がれているからなんだとか・・・。

まとめ

この記事では、鏡開き(2018年)はいつあるのか?

更に、 愛知(名古屋)や関西、九州や北海道、岡山や広島など各地域ごとに鏡開きはが行われる日について言及してきました。

 

話をまとめると、基本的に鏡開きが行われるのは、

1月11日

です。

 

ただ、一部の地域(関西全域と京都)では、

  • 1月15日
  • 1月20日
  • 1月4日

と、鏡開きが行われる日は違ってきます。

もし、関西全域と京都に住んでおられる方が、他の地域に引っ越した時には、鏡開きを行う日が違っていてビックリするかもしれませんね。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です