キュリオス(ダイハツ)シルクドソレイユの座席表!東京と大阪は?

2018年になり、いよいよキュリオス(ダイハツ)シルクドソレイユが開催されるわけですが、最初は東京公演に始まって、次は大阪講演と続きます。

 

ここで、キュリオス(ダイハツ)シルクドゥソレイユに足を運ぶ人にとって、気になるのは座席表。

今回は、キュリオス(ダイハツ)シルクドゥソレイユの東京と大阪の座席表を紹介しつつ、おすすめの座席なんかも紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

キュリオス東京公演の座席表

出典 http://www.kurios.jp/outline_tokyo.html

キュリオス東京公演の座席表は上記のようになっております。

 

キュリオス(ダイハツ)シルクドゥソレイユの公演は、見てもらっても分かるように、どの席からも楽しめるような設定になっています。

ただ、やっぱり良い席はお値段が高いだけあって、迫力と臨場感は特別。

 

1番良い席は、SS席(オリジナル特典付き)で他の席と比べても、値段も圧倒的に高い(20000〜21000円)ですが、素晴らしい体験が出来ることは間違いないでしょう。

どうしてもオリジナル特典が欲しい人は、この座席を購入するしかありません。

 

しかし、さすがにここまでお金を出せない人も多いと思うので、ここからは、コストパフォーマンスが良いと思うおすすめの座席を紹介していきます。

おすすめの座席

SS席

キュリオス(ダイハツ)シルクドゥソレイユの公演の座席表の中でも、1番スペースを取っているのはSS席。

という事で、観に行くならやっぱりSS席は確保した方が良いでしょう。

 

ただ、SS席といってもB〜Fブロックまで広範囲ですから、その中でもおすすめは、

【C・D・E】

この3つのブロック。

SS席(オリジナル特典付き)の座席が、【C・D・E】の最前列にあることを考えると、SS席の中では【C・D・E】の座席が視界も良好で見やすい、ということになります。

 

もし、【C・D・E】の座席が取れなかったとしても、初めてキュリオスを観に行くのなら、やっぱりSS席がおすすめですね。

目的別でおすすめの座席が違う?

例えば、SS席でも前列〜後列までありますよね。

 

どの列に座るか?によって楽しみ方も違ってくるのですが、例えば、

楽しみ方
  • 間近で迫力あるアクロバットを見たいなら前列(0〜7列目くらい)
  • 出演者を間近で見たい場合は、歩行スペースがある列(1列目や、中間列、各列の端っこなど)

このように目的によって違ってきます。

私だったら迫力が最重要なので、迷わず1番前です(笑)

S席

S席は、見てもらえば分かると思いますが、ステージの少し斜め後方あたりになります。

 

もちろん、ショー自体は見えますが、斜め後ろという事で場合によっては見えにくい演出もあるかもしれません。

・・・と言っても、それなりの金額を払って見にきていますから、そこまで他の座席と差は無いように楽しんで見えると思います。

A席

A席は、ステージから1番遠い席となっていて、S席と同じようにステージの後方となっています。

まあ、チケットの金額が1番安価という事もあるので、1番見えにくい可能性はありますが、別の座席とは違った角度で見えるので、違う楽しみ方が出来るかもしれません。

 

別の席で1回見て、「もう一度見たい」という場合は、A席を選択してみても良いでしょう。

座席チケットの料金

出典 http://www.kurios.jp/outline_tokyo.html

やっぱり、SS席(オリジナル特典付き)は特別感がありますね。

東京公演・日程

2018年2月7日(水) ~ 4月8日(日)

追加公演

2018年4月17日(火) ~ 6月3日(日)

会場 お台場ビッグトップ

スポンサーリンク

キュリオス大阪公演の座席表

出典 http://www.kurios.jp/outline_osaka.html

キュリオス大阪公演の座席表は上記のようになっております。

基本的に、座席表は東京公演と同じ。

 

変わったのは、

東京と大阪の違い
  • SS席(オリジナル特典付チケット)⇒S席(オリジナル特典付チケット)
  • SS席⇒S席
  • S席⇒A席
  • A席⇒B席

このように、席の名前だけです。

おすすめの座席

おすすめの座席も東京と一緒で、S席(東京の場合はSS席)の【C・D・E】です。

 

もちろん、他の席(A席やB席)の特徴も、名前が変わっただけで、あとは一緒ですので、先程の東京の座席表についての解説を参考にしてみてください。

  • SS席⇒S席
  • S席⇒A席
  • A席⇒B席

このように変わっただけなので、参考にしただければ、と。

座席チケットの料金

出典 http://www.kurios.jp/outline_osaka.html

大阪公演・日程

  • 2018年7月26日(木) ~ 10月29日(月)
  • 会場 中之島ビッグトップ(特設会場)

東京・大阪以外の公演

まだ、東京と大阪以外のキュリオス(ダイハツ)シルクドゥソレイユの公演は、少し先の事になりますが、日程だけでも紹介しておきます。

キュリオス名古屋公演・日程

  • 2018年11月22日 (木) ~2019年1月27日 (日)
  • 会場 名古屋ビッグトップ(ナゴヤドーム北)

キュリオス福岡公演・日程

  • 2019年2月15日 (金) ~3月31日 (日)
  • 会場 福岡ビッグトップ

キュリオス仙台公演・日程

  • 2019年 4月 ~
  • 会場 仙台ビッグトップ

まとめ

この記事では、キュリオス(ダイハツ)シルクドゥソレイユの東京と大阪の座席表を紹介しつつ、おすすめの座席なんかも紹介してきました。

 

東京と大阪の座席表は、席の名前が違うだけで配置も席の金額も一緒です。

 

あとは、どの席で見るのがおすすめなのか?と言ったところですが、お金に余裕があるのなら、1番良い席(オリジナル特典付き)で観るのがおすすめ。

こういう体験(経験)は、いつも出来るわけじゃないですから。

 

ただ、さすがに1番良い席(オリジナル特典付き)のチケット料金はそれなりにするので、コストパフォーマンスを考えると、

おすすめの座席
  • 東京の場合はSS席
  • 大阪の場合はS席

このどちらかで【C・D・E】のブロックを選択するのが良いでしょう。

 

現時点で、どの日にどの席が空いているか?は分かりませんが、キュリオスに興味があって、まだチケットを購入していない場合は、下記から詳細を確認してみてください。

東京公演チケットについてはこちら

大阪公演チケットについてはこちら

 

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です