和音匠のピアノはTEPPENで通じる?経歴や発達障害の噂は?

和音匠

和音匠が2018年1月12日に放送されるTEPPEN(2018)のピアノ対決で登場します。

 

一体どのくらいの腕前なのか?

和音匠の経歴(学歴)などを調べるとともに、発達障害の噂になっている真相についても言及していこうと思います。

 

※現在は、和音匠ではなく、匠(たくみ)という芸名で活動しています。

スポンサーリンク

プロフィール

タイトル
  • 生年月日 1988年5月13日
  • 出身 東京都
  • 身長 171cm
  • 血液型 O型
  • 職業 タレント、俳優
  • 趣味 映画観賞、野球、音楽
  • 所属 オスカープロモーション

和音匠の経歴(学歴)

和音匠は、小さい頃から音楽やお笑い、映画などのエンターテイメントが好きだったみたいです。

 

立教新座高校時代は、聖歌隊。

立教大学社会学部時代は、軽音楽部に所属していて、音楽も、ヴィジュアル系やハードロック系などの音楽に没頭していて、X JAPANも好きだったとか。

 

また、趣味の映画鑑賞を通じて、大学を卒業してからは自分自身も表現者になりたいと思い、俳優の道を目指して2013年に俳優としてデビュー。

現在は、バラエティタレントとしても行動していて、芸名も和音匠ではなく、匠(たくみ)として活動しています。

父は志垣太郎

和音匠の父親は、志垣太郎。

 

若い人は知らないかもしれませんが、40代以降の人は多分知っているはず。

たけしの元気が出るテレビで、バラエティでも有名になった俳優さんです。

 

最近だと、アウト×デラックスで共演していました。

和音匠のピアノの実力

和音匠は、5歳からクラシックピアノを始めていて、現在もピアノを弾き続けているとか。

尊敬するピアニストは、X JAPANのヨシキや、アシュケナージ、ウラディミールなど。

 

また、和音匠が俳優デビューした映画「今日子と修一の場合」の中で披露したピアノ演奏が上手だと話題になっていましたが、本人は

「プロの腕前ではない」

と話していたそうです。

 

現時点では、匠(たくみ)のピアノの実力はどのくらい凄いのか?は分かりませんが、その実力の全貌は、TEPPEN(2018)のピアノ対決で分かるでしょう。

スポンサーリンク

和音匠に発達障害の噂

和音匠が発達障害ではないか、という噂が一時期広まりましたが、ハッキリ言って発達障害というのは本人でさえも、ちゃんとした専門の病院で診察しないと分からないです。

ずっと自分が発達障害だと気づかずに人生を終える場合もありますから、第三者が分かるものではありません。

 

今回、和音匠が発達障害の噂になった原因は、以前『踊る!さんま御殿』に出演した際の行動や言動だと言われています。

どうやら少し行動や言動が変だった、と言われていたらしいのですが、それで発達障害だと言われてしまうのは芸能人の辛いところですね。

 

逆に、普通の人と違うから個性がある、と捉えたほうが周りにも本人にとってもプラスになると思うんですけどね。

まとめ

今回は、匠(たくみ)がTEPPEN(2018)のピアノ対決で登場するということで、一体どのくらいの腕前なのか?

和音匠の経歴(学歴)や、発達障害の噂になっている真相についても言及してきました。

 

実際のところ、ピアノの腕前は未知数です。

ピアノを弾いている動画なども見当たらないので、TEPPEN(2018)のピアノ対決で実力を見るしかありません。

 

いったいどのくらいの腕前を見せてくれるのでしょうか。

決戦当日を楽しみにしましょう。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください