北海道の電気の復旧(供給)の見通しはいつ?最新情報では6日中です

北海道(札幌)の地震が起きてからしばらく経ちましたが、まだ余震も来ているので、充分注意してください(今度は震度3が来ました)

 

そして、生活の生命線でもある電気が未だに復旧(供給)の目処が立たない、という報道があり、いつになるのか?という不安がありましたが、最新情報が入りましたので、言及していこうと思います。

スポンサーリンク

北海道の一部で電気の供給開始(再開)

どうやら、最新の情報では、札幌の中心部や、旭川市の一部地域に電気を送電している、とのこと。

 

情報では、札幌市内の一部の信号機が点灯するなど、徐々に停電が解除されてきているようです。

ただ、現時点ではまだまだ電力の供給が追いついていない為、今日中(6日)に北海道市民の全ての人に電気が供給されるのは難しいみたいです。

 

話では、北海道電力は、9月7日中に1日に使用される70%程度の電気を供給(再開)出来るようにしたい、とのこと。

それが実際そうなるかどうか?は分かりません。

完全に、北海道市民全てに十分な電力を供給できるのは1週間先だと言われているので、ニュースに一喜一憂しないほうが良いと思います。

 

あと、現在停電が解除されていない地域の方も、自宅を離れる際はブレーカーを落としてください、とのこと。

スマホの電池が気になる人への対策

スマホが充電出来ない状態にある人は、ドコモが無料で充電を提供しているとのことなので、お近くにドコモがある場合は、並んでいるかもしれませんが、使用させてもらいましょう。

 

また、既にスマホが使えない場合や、通信が不安定な場合は、NTT東日本が北海道内にある公衆電話を全て無料にしている、とのこと。(素晴らしいですね)

近くに公衆電話がある場合は、ありがたく使用させてもらいましょう。

食料と水の確保

現時点で、電気が供給されている地域は一安心ですが、まだされていない場合は、報道を見て

「1、2日あれば電気も復旧するでしょ」

と、油断しないことが大切。

 

1週間停電が続く・・・くらいの気持ちで、食料と水の確保をしておくのがおすすめです。

ただ、ニュースを見る限りでは、現在はほとんどのスーパーやコンビニには食料は残っていないかもしれません。

 

ただ、こういった神対応をしてくれるところがあるのはありがたいことです。

 

こちらでは、海上自衛隊が食料や飲料などの物資を持って向かっているというニュースも入ってきているので、期待したいところです。

スポンサーリンク

確保すべき食品

とりあえず、食べられれば何でも良い、という状態だと思いますが、ある程度の栄養確保の為に、五大栄養素がなるべく摂取できて、日持ちが出来る食べ物を確保したいところです。

 

もし、入手できるのであれば、電気もガスも使わない食品で、

災害時でおすすめの非常食
  • 干しいも(常温保存で調理無し)
  • 羊羹(糖質確保)
  • ドライフルーツ(食べ過ぎはNG)
  • サバ缶(タンパク質と脂質確保)
  • ツナ缶(タンパク質と脂質確保)
  • オートミール(生で食べられる種類のみ)

このあたりが手に入ると、1週間くらいであれば、栄養不足も回避しつつ、十分過ごせるはずです。

 

ただ、現状の北海道の食糧事情は結構厳しそうなので、皆さんには頑張って欲しいと思います。

家で出来る事前準備

今回は、どうやら水道やガスは通っているところが多いみたいなので、そういう人は食料さえあれば、調理には困らないと思います。

マンションなどは、停電による断水も起こる可能性があるので、お風呂なりバケツなり、十分に水を溜めて確保しておきましょう。

 

オール電化の場合は、カセットコンロがあれば、何とかなりますが、無い場合は火を使った調理が出来ない為、そのまま食べられる食べ物を用意(調達)しするしかありません。

まとめ

この記事では、北海道の電気の復旧(供給)の見通しはいつなのか?現在の最新情報をお伝えしてきました。

 

一応、今日中(6日)に一部の地域(札幌市内や旭川市内)に電気供給が再開されるということですが、北海道全体に電気が供給されるのは、1週間程度かかる、とのこと。

こういったことから、今できることをしっかりやり、最悪の事態を想定をして、備えておくのが良いと思います。

断水していない場合は、出来る限り水を溜めておき、出来る限り食料確保に務める(スーパーなどで一人占めはあまり良くないですが)

 

あとは、次に食料がいつ確保できるか分かりませんから、お腹が空いていたとしても、なるべく節約しながら食べることも重要だと思います。

少しでも、早く停電が解除され、電気が供給され、食料も確保されて、普通の生活に戻ることを祈っております。

 

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です