台風21号2018が東京(関東)の電車(鉄道)や高速に与える影響は?

今年来た台風の中でも1番勢力が強いと言われている21号(チェービー)は、日本に上陸することが確定しています。

勢力的には、『猛烈レベル』から『非常に強いレベル』にランクは下がったものの、全然油断出来ないレベルの台風なのは間違いありません。

今回の台風21号2018の最新予想進路は、東京(関東)方面とは少しだズレる予想となっていますが、暴風圏内に入っているので、電車(鉄道)や高速に与える影響は、かなりあると思われます。

 

そこで、この記事では電車(鉄道)の遅延情報や、高速道路に関する情報について言及していこうと思います。

スポンサーリンク

台風21号(2018)の進路予想

引用元 https://www.fnn.jp/posts/00400132CX

台風21号(チェービー)の詳細
  • 中心気圧 945hPa
  • 最大風速 45m/s
  • 最大瞬間風速 60m/s
  • 位置 足摺岬の南南東・約100km
  • 進路 北北東 35km/h

台風21号(2018)の米軍予想

引用元 http://www.metoc.navy.mil/jtwc/products/wp2518.gif

日本と米軍のどちらの最新の進路予想と見てみても、東京(関東方面)は、4日(火曜日)の昼間(夕方〜夜にかけて)に風や雨が強まる可能性が高くなっていることが分かると思います。

 

今回の台風に伴って、雨量で警戒するのは東海地方(名古屋)や、関西地方(大阪)みたいですが、暴風で警戒すべきなのは台風進路の東側だそうです。

台風進路の東側・・・という事は、東京(関東地方)はまさに東側にあたるじゃないですか。

なので、雨量にも気をつけるべきですが、特に暴風には警戒しておいたほうが良いでしょう。

 

ちなみに、風速50m以上はこんな感じになるみたいです。(外に出たら軽い人は吹っ飛ぶレベルですね)

 

東京(関東地方)の電車(鉄道)への影響

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

台風進路の東側(つまり、東京を含めた関東地方)は、暴風で警戒すべきだという話をしました。

暴風警報などが早めに出て、それが長引くと、新幹線を含めた電車(鉄道)や高速道路などに多大な影響を与える可能性があります。

 

可能性としては、東京(関東)は、帰宅時間前後が番雨や風のピークによって影響を受けそうなので、新幹線を含め、在来線も運休が相次ぐ可能性があります。

帰宅難民にならないように、早め早めの対策をしておくことをおすすめします。

 

そこで、以下に東京(関東)の主な電車(鉄道)の遅延情報が網羅できるサイトを載せておきますので、良かったら参考にしてみてください。(山手線、東京メトロ丸の内、銀座などの各線)

東京(関東)の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

東京(関東)エリアの運行情報

首都圏・運行情報・遅延情報

東京メトロ|首都圏|運行情報・遅延情報

とれいんふぉ首都圏エリア

 

4日の電車(鉄道)の遅延情報に関しては、また最新の情報が入りましたら、随時更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

東京(関東)の高速道路への影響

東京(関東)は、日本で1番人口が多いだけあって、物流で荷物が1番動く集まる場所でもあり、動く場所でもあります。

だから、トラックが走行している台数が半端ないです。

そして、事故も何もない普段の日でも、普通にどこもかしこも渋滞するのが東京(関東)の高速道路。

 

そんな東京(関東)に台風が上陸したら、更に悲惨な状況になること間違いなしなので、少しでも最新の道路情報を把握して、事前対策ができるように以下に道路交通情報のサイトを載せておきます。(参考にしてみてください)

道路交通情報(関東及び、首都高速道路)

リアルタイム交通情報(関東)

交通情報(関東)

 

交通量が多い東京(関東)の高速道路が暴風警報などによって、いくつもの出入り口が通行止めになったら・・・と思うと、特に現役トラックドライバーはゾッとしますよね。

実際にそうなって高速道路から下ろされたら、東京の一般道は更に渋滞で全く動かない・・・最悪ですね(苦笑)

しかし、台風21号によって、そういった事態になる可能性は十分あります。

 

特に、レインボーブリッジやアクアラインは多分ダメでしょうし、海側の湾岸線や、横浜方面は風が強まるかもしれないので、気をつけたほうが良いかもしれません。

実際、どこらへんの地域が1番暴風の影響を受けて通行止めになるのか?は分かりませんので、結論から言うと、「どこにいても気をつけよう」ということになります。

物流の要にもなっているトラックは、台風が来たからといって、仕事を早めに切り上げるのは無理なので、会社側と一緒になるべく通行止めになった時の事前対策をしておくのが良いでしょう。

まとめ

この記事では、台風21号2018によって、東京(関東)の電車(鉄道)や、高速道路に与える影響について言及してきました。

 

今回の台風は、最新予想からすると、西日本よりに上陸するということになっていますが、東京(関東)は、暴風に警戒すべきだと言われています。

台風21号に関する情報に常に敏感になって、早めの対策をしておかないと、交通機関の麻痺によって、『帰宅難民』になる可能性があります。

まさか自分がなるなんて・・・というのはよくある話。

日本で1番人口が多い東京(関東)は、ちょっと交通機関が乱れるだけで、悲惨なことになりますから、そうならないように、台風21号が上陸する前日(3日)には、4日の対策をある程度しておくと良いでしょう。

 

現実問題、会社側に「早めに帰らせてください」と言っても、なかなか難しいかもしれません。

しかし、帰宅難民になって、疲労や寝不足で翌日の仕事の効率が半減するよりも、4日は早めに仕事を切り上げて、翌日はリフレッシュした状態で仕事に打ち込むほうがよっぽど生産性は高いと思うんですけどね。

台風21号が上陸する可能性が高い4日は、なるべく早めに帰宅できることを祈っております。

 

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です