平昌オリンピック!羽生結弦と宇野昌磨の視聴率(滑走時間)と結果は?

羽生結弦

いよいよ平昌オリンピックでフィギアスケートのショートプログラムが始まります。

怪我から復帰した羽生結弦選手と宇野昌磨選手は一体どんな滑りを見せてくれるのでしょうか。

 

もちろん、ここで気になってくるのは羽生結弦選手と宇野昌磨選手の結果なのですが、もう1つ気になったのは視聴率。

特に、羽生結弦選手の場合、公開練習をするだけでも多くのファンが詰めかけるくらいですから彼の滑走時間帯は視聴率も跳ね上がる可能性があります。

 

そこで今回は、平昌オリンピックで羽生結弦と宇野昌磨の視聴率(滑走時間帯)と結果を紹介しつつ、予想もしていきたいと思います。

スポンサーリンク

平昌オリンピック・羽生結弦の滑走時間帯の視聴率と予想

視聴率の予想

まず、平昌オリンピックで羽生結弦が滑走時、あるいは金メダルを獲得した場合にどのくらいの瞬間視聴率になるのか?というのは、前回のソチオリンピックのデータから予想できます。

 

前回のソチオリンピックで羽生結弦選手が金メダルが確定直前での瞬間視聴率は、フジテレビで

23.1%(関東地区) 

という凄い数値を叩き出しています。

 

そして、今回は金メダルの2連覇がかかっていますから、視聴率は更に高くなると予想。

羽生結弦選手の滑走時間帯は昼過ぎあたりなので、ライブでスマホ視聴する人も多いと思います。(仕事中は無理ですが、移動中なら出来そう)

これらのスマホ視聴の分も、視聴率の数値に加算されるのであれば、羽生結弦選手が滑走する時間帯の瞬間視聴率は、25%以上はいくのではないか、と予想しておきます。

羽生結弦と宇野昌磨・フリースケーティングの視聴率

視聴率
  • 関東地区で33.9%
  • 関西地区で31.7%
  • 仙台地区は41.2%

羽生結弦と宇野昌磨・金メダルと銀メダル確定後の瞬間最高視聴率

瞬間最高視聴率
  • 関東地区が46.0%
  • 関西地区は44.6%
  • 仙台地区は56.0%

競技中の視聴率も凄いですが、メダル獲得直後の瞬間最高視聴率は、私の予想以上に高い数値でした。

平昌オリンピック・宇野昌磨の滑走時間帯の視聴率と予想

視聴率の予想

宇野昌磨選手は、羽生結弦選手の影に隠れたような形になっていますが、ぶっちゃけ羽生結弦選手が神がかった強さを見せているだけで、宇野昌磨選手も実力で言えば、トップを獲れてもおかしくない選手

 

平昌オリンピックでは、羽生結弦選手よりも滑走時間は遅いので、宇野昌磨選手が滑走する時間帯の視聴率もかなり高いと予想しています。

何故なら、羽生結弦選手がミスしたにしろ、高得点を叩き出したにしろ、その後に控えた宇野昌磨選手の演技に注目が行くからです。

 

羽生結弦選手がミスしたら、宇野昌磨選手に金メダルの期待がかかりますし、高得点を叩き出したらその点数にどれだけ肉薄できるか?逆転できるか?という期待がかかりますから。

もしかしたら、羽生結弦選手の演技直後と同等くらいの視聴率を叩き出すかもしれません。

こちらも、25%前後はいくのではないでしょうか。

宇野昌磨・ショートプログラムの視聴率

上記の羽生結弦選手のところで記載した数字と同じです。

宇野昌磨・フリースケーティングの視聴率

上記の羽生結弦選手のところで記載した数字と同じです。

スポンサーリンク

羽生結弦の結果

ショートプログラムの結果

  • 順位 1位
  • 得点 111.68

フリースケーティングの結果

  • 順位 2位
  • 得点  206.17
結果
  • 合計 317.85
  • 金メダル

宇野昌磨の結果

ショートプログラムの結果

  • 順位 3位
  • 得点  104.17

フリースケーティングの結果

  • 順位 3位
  • 得点  202.73
結果
  • 合計 306.90
  • 銀メダル

羽生結弦と宇野昌磨の滑走時間(ショートプログラム)

  • 日程 2月16日(金) 10時00分〜

羽生結弦の滑走時間

羽生結弦滑走時間
  • 第5グループ・25番手
  • 13時47分前後

宇野昌磨の滑走時間

宇野昌磨滑走時間
  • 第5グループ・28番手
  • 14時06分前後

 

※滑走時間は、多少は前後すると思われます。

羽生結弦と宇野昌磨の滑走時間(フリースケーティング)

  • 日程 2月17日(土) 10時00分〜

羽生結弦の滑走時間

羽生結弦滑走時間
  • 第5グループ・22番手
  • 13時43分前後

宇野昌磨の滑走時間

宇野昌磨滑走時間
  • 第5グループ・24番手
  • 14時00分前後

 

羽生結弦選手と宇野昌磨選手の演技を見逃した場合は、ネット配信で視聴できるので、良かったら下記の記事を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、平昌オリンピックで羽生結弦と宇野昌磨の視聴率(滑走時間帯)と結果を紹介しつつ、予想もしてきました。

 

前回のソチオリンピックの時の羽生結弦選手の滑走直後の視聴率が23.1%だったことを考えると、金メダル連覇のかかった平昌オリンピックでは更に高い視聴率が予想されます。

滑走時間帯が昼間という事で、仕事や学校でスマホ視聴も出来ない状況の人もあるかもしれませんが、夜中に放送されるよりも、視聴はしやすいはず。

瞬間視聴率は、25%以上はいくんじゃないか、と。

 

もちろん、宇野昌磨選手の滑走時間帯も、羽生結弦選手同様に注目されていますから、同じくらいの視聴率があるかもしれません。

これだけ注目を浴びている2人ですが、是非自分の実力を出し切った演技を期待しています。

後悔しないように・・・。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください