春日野部屋の暴行・傷害事件の元力士は誰?名前や画像は?被害者は?

春日野親方

相撲業界が足の引っ張り合いをしている模様。

 

今度は、春日野部屋の傷害事件が発覚・・・と言っても、この事件は2014年9月5日におきたもの。

今頃になって、一体誰がこの情報をマスコミに流したのか?は、分かりませんが、今回は、この春日野部屋の暴行・傷害事件をおこした元力士は誰なのか?現時点で名前や画像は確定しているのか?被害者の名前などについても言及していきたいと思います。

スポンサーリンク

傷害(暴行)事件の元力士は誰?

今回の事件は、春日部部屋に所属していた力士が弟弟子の顔を殴ったり、膝蹴りをしたというもの。

 

その元力士の名前は、

『栃玄武晃一郎』

だという情報があります(確定はしていません)

この名前は、今までの情報(成績など)を整理して調べたところ、彼の名前が浮かび上がってきました。

 

ちなみに、栃玄武のプロフィールをザックリ紹介すると、

栃玄武のプロフィール
  • 名前(本名) 緒方晃一郎
  • 生年月日 平成6年1月25日
  • 出身地 福岡
  • 身長 172cm
  • 体重 75.7kg
  • 初土俵 2013年1月
  • 最終場所 2015年7月

こんな感じ。

 

現在ある情報と照らし合わせてみると、今回の暴行(傷害)事件の加害者の力士と当てはまるのは『栃玄武』となります。

http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=12039&l=j

 

ちなみに、栃玄武の画像はこちらだと思われます。(左側の力士)

栃玄武

出典 https://ameblo.jp/tathibana/entry-11936509905.html

 

栃玄武の顔画像は、左側の彼がそうだと思われます。

それにしても、相撲は国技でもあり、神聖なものだと思っていたのですが、こういう事件が立て続けに起こると今までのイメージが一気にぶっ壊れますね。

そう思っている人も、きっと少なくないでしょう。

スポンサーリンク

春日野部屋の傷害(暴行)事件の被害者

今回の暴行(傷害)事件の加害者の力士が推測されたところで、じゃあ、被害者は誰なのか?というところですが、それは既にテレビ(とくダネ!)の取材で判明していました。

被害者の名前は、『矢作嵐』さん。

 

テレビの取材でも色々と答えてくれていたみたいですが、聞けば聞くほど、加害者力士の栃玄武の暴力や、春日野親方の対応がいかに酷かったか?が分かります。

当時、矢作嵐さん顎は、パンチで殴られ、トドメで膝蹴り5発食らったらしく、現在はその時の怪我の後遺症で、まだ痛みがあるとか・・・。

 

更に、味覚障害にもなってしまい、現在は、食べ物を食べても全く味がしないとのこと。(それも、一生治らないと医者に言われたらしい)

そして、この事件を春日野親方は、事件になって加害者の力士が懲役まで喰らったにも関わらず、隠蔽したわけです。

いやいや、ダメでしょ・・・というか、被害者の矢作嵐さんのことを考えたら、もっと誠意を持って対応するべきでしょう。

 

だって、もし自分が一生食べ物の味が分からないなんてことになったら、こんな対応するでしょうか。

 

今回の事件に対して春日野親方は、

「辞めた力士だから公表する必要はないと思った」

と、コメントしていまいたが、じゃあ被害者が味覚障害になろうが、寝たきりになろうが、辞めたら自分には責任が無い、とでも言いたいのでしょうか。

これからこういう事件が二度と起こらないように、周りに伝えて皆で改善していくのが親方としての仕事なのではないしょうか。

 

非常に残念なコメントでした。

まとめ

今回は、この春日野部屋の暴行・傷害事件をおこした元力士は誰なのか?現時点で名前や画像は確定しているのか?被害者の名前などについて言及してきました。

 

今までの情報によると、春日野部屋の暴行・傷害事件をおこした元力士は、『栃玄武』だと思われます。

そして、被害者の名前は、『矢作嵐』さん。

 

今回の暴行・傷害事件で悪いのは『栃玄武』さんだと思いますが、彼と同じくらいダメなのは春日野親方。

一旦相撲部屋に入ったのなら、親方と力士は親子の関係なはず。

子供の教育をするのは親の役目だし、子供が悪さしたことに対して責任を取るのは親の義務なのではないでしょうか。

 

もうこれ以上相撲業界全体が腐っていくのを見ていられないという人もいるでしょう。

ぶっちゃけ、こんなのは相撲以前の問題なんですけどね。

本当に何とかならないものでしょうか。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください