小平奈緒・世界スプリント選手権2018の結果と記録・ライバルは?

平昌オリンピックのスピードスケート(500m)で、金メダルを獲得した小平奈緒選手が今度は、世界新記録更新を狙うために、世界スプリントスピードスケート選手権(2018)に出場することが分かりました。

 

そこで今回は、小平奈緒の世界スプリント選手権(2018)の結果や日程(放送局など)、世界新記録更新は達成するのか?

また、ライバルは誰なのか?について言及していこうと思います。

 

その前に、世界スプリントスピードスケート選手権(2018)の日程や競技種目、ルールや放送局について紹介しておきます。

スポンサーリンク

世界スプリント選手権2018・日程と競技種目・ルール

日程

  • 開催期間 2018年3月3日〜3月4日
  • 開催地 中国・長春

競技種目

  • 男女 500m
  • 男女 1000m

ルール

世界スプリントスピードスケート選手権は、500mと1000mを2回ずつ滑って、総合成績が1番良い選手が優勝というシステムです。

なので、500mだけタイムが良くても、1000mだけタイムが良くても優勝が難しい大会だと言えるでしょう。

 

しかし、小平奈緒選手はどちらの距離も得意ですから、かなり期待が出来ます。

世界スプリント選手権2018・放送局と放送時間

  • 放送時間 3月4日(日)19時57分~21時54分
  • 放送局 フジテレビ

小平奈緒・世界スプリント選手権2018の結果と記録を予想

小平奈緒は、去年カナダのカルガリーで行われた世界スプリント選手権(2017)で総合優勝をしています。

つまり、今回(2018年)も総合優勝をすれば、世界スプリント選手権を2連覇ということになります。

 

現時点の小平奈緒の実力や実績、平昌オリンピックで金メダルを獲得した流れからしても、世界スプリント選手権2018でも優勝候補筆頭と言えるでしょう。

今の小平奈緒選手の力を発揮すれば、優勝出来ると思います。

 

あとは、世界記録更新となるのか?というところと、とライバルとの関係かな、と。

小平奈緒のライバル選手は?

今回、世界スプリント選手権で小平奈緒選手のライバルとなり得る選手は、

『ヨリン・テルモルス選手(オランダ)』です。

 

ヨリン・テルモルス選手については、以下の記事を読んで頂けると、よく分かると思うのですが、

 

最近の実績だと、平昌オリンピックの女子1000mで、小平奈緒を抑えて、オリンピックレコートで金メダルを獲得しています。(この時、高木美帆選手は銅メダル)

 

そして、このヨリン・テルモルス選手は、ソチオリンピックの1500mでも金メダルを獲得している実力のある選手。

500mは、それほど得意ではなさそうですが、平昌オリンピック(1000m)で、オリンピックレコードを叩き出してきた事からかなり調子は良いはず。

小平奈緒選手にとっては、要注意選手になることは間違いないでしょう。

 

ただ、現時点でヨリン・テルモルス選手は出場予定ですが、実際に出場するかどうか?は確定していないようです。

小平奈緒・世界記録は更新出来る?

小平奈緒選手が世界記録更新を狙っているのは500m。

 

そして、その世界記録を保持しているのは、平昌オリンピックで銀メダルを獲得した、小平奈緒選手の友達でもあるイ・サンファ選手(韓国)です。

 

世界記録の概要は以下。

世界記録
  • 距離 500m
  • 世界記録 36秒36
  • 記録保持者 イ・サンファ(韓国)
  • 開催地 アメリカ・ソルトレイクシティ
  • 日時 2013年11月16日

今回の世界スプリント選手権2018は、中国の長春というところで開催されるのですが、長春は、それほど高地ではないことから、世界記録更新はちょっと難しいのかな、と思います。

 

だいたい世界記録が出るのは、決まって高地です。

何故なら、標高が高くなるにつれて空気密度が小さくなり、空気抵抗が減る為、自然と低地に比べて記録は伸びやすくなるからです。

ちなみに、イ・サンファ選手が世界記録を叩き出したのは、高地でもあるソルトレイクシティです。

 

これらの事から、高地ではない中国の長春で世界記録を更新するのは、いくら現在絶好調の小平奈緒選手でも難しいと言えるでしょう。

ただ、もし今回の世界スプリント選手権で、小平奈緒選手が世界記録を更新した場合は、彼女はとてつもなく強いという証明になります。

世界記録更新は3月中に達成?

私の予想では、3月4日に行われる世界スプリント選手権で、小平奈緒選手は世界記録更新は難しいと思いますが、その後に行われる大会では記録を更新してくれるのではないか、と思っています。

 

その大会とは、

『オリンピックオーバルファイナル国際競技会2018』

です。

何故なら、『オリンピックオーバルファイナル国際競技会2018』が行われる開催地は、高地でタイムが出やすいカナダのカルガリーだから。

 

ちなみに、イ・サンファ選手が世界記録を叩き出したソルトレイクシティと、カルガリーは高地なので、よく世界記録が出るんだとか・・・。

そう考えると、『オリンピックオーバルファイナル国際競技会2018』で、小平奈緒選手がイ・サンファ選手の世界記録を更新する可能性は高いと思います。

 

『オリンピックオーバルファイナル国際競技会2018』の日程は、

次回の日程
  • 開催期間 2018年03月15日~03月18日
  • 開催地 カナダ・カルガリー

このようになっています。(テレビ放送はあるかどうか?はまだ決まっていません)

小平奈緒・世界スプリント選手権2018の結果と記録

500mの結果と記録

1回目
  • 順位 1位
  • 記録(タイム) 37秒23
  • 得点(ポイント) 37230ポイント
2回目
  • 順位 1位
  • 記録(タイム) 37秒72
  • 得点(ポイント) 37720ポイント

1000mの結果と記録

1回目
  • 順位 4位
  • 記録(タイム) 1分15秒68
  • 得点(ポイント) 37840ポイント
2回目
  • 棄権

最終結果と記録・順位

小平奈緒選手は、体調不良の為、棄権(1000m)となってしまいました。

残念ですが、平昌オリンピックからの体力的な疲れと、精神的な疲労もあったのだと思います。

とりえあずは、ゆっくり体を休めて欲しいと思います。お疲れ様でした。

 

ちなみに、総合優勝したのは、平昌オリンピックの1000mで小平奈緒を抑えて金メダルを獲得したヨリン・テルモルス選手でした(この人は、1000mが強いですね)

小平奈緒以外の出場者・実績

郷亜里沙

  • 平昌オリンピック 500m 8位
  • 平昌オリンピック 1000m 13位

山中大地

  • 平昌オリンピック 500m 5位

長谷川翼

  • 平昌オリンピック 500m 14位

まとめ

今回は、小平奈緒が世界スプリント選手権(2018)の結果や日程(放送局など)、世界新記録更新や、ライバルは誰なのか?などについて言及してきました。

 

まず、世界スプリント選手権(2018)に関しては、小平奈緒選手が今の実力を発揮ししてくれれば、総合優勝する確率は高いと思います。

ライバルは、平昌オリンピック1000mの金メダリスト・ヨリン・テルモルス選手(オランダ)です。

また、世界スプリント選手権(2018)での世界記録更新(500m)に関しては、開催地が高地ではない中国の長春である為、難しいと予想しています。

 

それよりも、その後の3月15日から行われる『オリンピックオーバルファイナル国際競技会2018』の方が高地のカルガリーで行われる為、世界記録更新が期待できます。

現在は、フジテレビが世界スプリント選手権(2018)を放送してくれるみたいですが、良かったら『オリンピックオーバルファイナル国際競技会2018』も放送してください。

きっと、日本の皆さんも小平奈緒選手が世界記録を更新するところを見たいと思いますから。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください