松田瑞生が腹筋(画像)のおかげでマラソン優勝?彼氏や家族は?

松田瑞生

28日に行われた大阪国際女子マラソンで、初マラソンの松田瑞生さんが優勝しました。

初めてマラソンに挑戦して優勝はすごいですし、今回優勝できた要因は、鍛えてきた腹筋のおかげだという話も・・・。

 

そこで今回は、松田瑞生さんの自慢の腹筋(画像あり)を紹介しつつ、彼女の経歴や彼氏や家族などについても言及していきたいと思います。

その前に、まずは松田瑞生さんのプロフィールと経歴を簡単に紹介。

スポンサーリンク

松田瑞生のプロフィールと経歴

松田瑞生さんのプロフィールは、

プロフィール
  • 生年月日 1995年5月31日
  • 出身 大阪府住吉区
  • 所属 ダイハツ工業
  • 学歴 大阪薫英女学院高

こんな感じ。

 

松田瑞生さんがいきなり初マラソンで優勝できた背景には、バックボーンがあるから。

実は、彼女は10000mの選手で、2017年の日本陸上選手権では優勝しているほどの実力者。

 

他の最近の成績では、

最近の成績
  • 2016年全日本実業団陸上選手権 10000m 優勝
  • 2017年アジア選手権 10000m 銅メダル

このように優勝も含めて常に上位に喰い込んでいます。

 

そんな彼女が今回初マラソンに挑戦して見事優勝を勝ち取ったのです。

10000mから42.195kmに転向したとなると、走る距離は4倍以上になるわけですが、それを物ともせず優勝するのですから、松田瑞生さんの今後の活躍には期待したいところ。

 

まだ、現在は22歳なので、伸び代は未知数だと思います。

今回の大阪国際女子マラソンを優勝したことで、東京五輪代表選考会でもある「グランドチャンピオンシップ(GC)」の出場資格を獲得したわけですから、うまくいけば東京オリンピック代表という期待も高まりますね。

松田瑞生の腹筋(画像)が凄い

松田瑞生 腹筋

松田瑞生さんは、今でこそ上記の画像でも分かるようにすごい腹筋をしていますが、元々腹筋をやり始めたのは、体が反る癖があってそれを修正する為だったそうです。

その癖を治すために、大阪薫英女学院高時代から腹筋を鍛えてきたらしく、最近では1日に多いときで3500回の腹筋をするんだとか・・・。

 

そこまでやらなても、既に体が反る癖は治っているはずなので、ちょっとやり過ぎのような気もしますが。

あんまり前面(大胸筋や腹筋)の筋肉が強すぎると、バランスが悪くなって、今度は猫背気味になりやすくなるので、気をつけてほしいですね。

 

ちょっと話が逸れましたが、1つ言えることは、女性でここまでの腹筋を作り上げた松田瑞生さんはマジですごいということ。

男性がこのくらいの腹筋を作る(減量する)のは全然可能だし、普通なのですが、女性は男性と違って女性ホルモンが多いですから、ここまで腹筋を浮き上がらせるのはかなり難しい。

もちろん、今まで腹筋トレーニングをしっかりしてきた事も要因としてありますが、減量をしてかなり低い体脂肪率を維持している事も、この腹筋が作られた要因と言えるでしょう。

 

それにしても、陸上の女子アスリートは、腹筋割れている人多いですね。

スポンサーリンク

松田瑞生さんの彼氏や家族は?

色々と調べてみましたが、現時点で松田瑞生さんに彼氏がいるという情報はありません。

もしかしたらいる可能性もありますが、陸上選手に限ったことではなく、アスリートは、彼氏を作る暇もあまりないのかもしれません。

毎日毎日の練習で、もし彼氏が出来たとしても、会う暇も無さそうですし・・・。

 

でも、本気になれば、会う時間も作れますから、実際のところはいるかもしれないし、いないかもしれないというところでしょうか。

 

また、松田瑞生さんの家族は、

松田さんの家族

の6人家族だそうです。

 

お父さんは何をしているか?は分かりませんでしたが、お母さんは、自宅で鍼灸治療院を経営しているのだとか・・・。

それで、松田瑞生さんの体のケアもしているらしいですよ。

 

ちなみに下記の画像は、お姉さんとのツーショットみたいですね。(頻繁にお姉さんが妹の瑞生さんについてつぶやいているみたいです)

まとめ

今回は、松田瑞生さんの自慢の腹筋(画像あり)を紹介しつつ、彼女の経歴や彼氏や家族などについても言及してきました。

 

松田瑞生さんが初マラソンで優勝するのもすごいですが、私は彼女の腹筋の画像の方がインパクトがありました。

食事もかなりストイックなんだろうな、と想像もつきます。

 

まだまだ若いですから、今後の活躍も期待しつつ、合間を見て彼氏を作るための行動もすると良いんじゃないかな、と。(青春真っ只中ですから)

もちろん、最優先は陸上になってしまうと思いますが・・・。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください