松坂大輔の現在と今後!引退はある?テストする中日の真意は?

松坂大輔

かつて、怪物と言われた横浜高校出身の松坂大輔がピンチです。

  • 果たして引退してしまうのか?
  • 次の移籍先はあるのか?
  • 嫁と子供は現状に何を思うのか?
というところについて個人的な意見もふくめて言及していこうと思います。

スポンサーリンク

松坂大輔の現在

現在(2017年12月)の松坂大輔は、ソフトバンクを去ることになっていて、次の移籍先が決まっていません。

というのも、どこの球団からもオファーが無いからです。

 

それも、ここ数年の松坂大輔の成績を見れば、分かるような気もします。

2014年にメジャーから日本に外旋して、ソフトバンクと3年で約12億円という巨額の契約を結んだにも関わらず、その3年間の成績は散々というか、右肩の不調でほとんど投げられていない状態。

この状態ですでに37歳の松坂大輔と契約したいというチームは、現実的に考えてもそう多くはない、言えるしょう。

 

そして、現在は松坂大輔の方から

「年俸2000万で良いから契約してください」

という逆オファーを出している状況だと言われています。

 

今のところは、

移籍希望チーム
  • 阪神
  • 西武
  • 中日
  • DeNA

この4チームにしているとかしていないとか・・・。

事実、阪神は松坂大輔のオファーを断った、というニュースも入ってきています。

 

私自身、あまり野球は観ないのですが、松坂は横浜高校で投げていた時から知っていますし、怪物時代の松坂も知っています。

全盛期は、圧巻のピッチングばかりでした。

 

メジャーに行った時も、

「すごい活躍をするかも・・・」

と思っていましたが、松坂大輔の怪物神話が崩れ始めたのはここからでした。

 

メジャーに行った松阪について、松坂大輔に詳しい記者や、松坂を近くで見てきた評論家は、メジャーで成績が良くなかった原因を

「彼は、才能がありすぎた事と、こだわりを持ちすぎて周りの環境に対応しようをしなかった」

と、言っていました。

 

まあ、簡単に言うと、

「いくら才能があっても、初心を忘れないようにして、周りの環境に対応する姿勢で臨まないとうまくいかないよ」

と言いたかったのだと思います。

 

話をまとめると、非常に残念ですが、現在の松坂の状態だと他のチームに移籍したとしても、良い成績を残すのは難しいんじゃないかな、と。

松坂大輔の今後

個人的な予想としては、どこの球団も松阪を獲得しなかった場合、引退するしかないと思いますが、多分それは無いんじゃないかな、と思います。

何故なら松阪の成績は期待しなくても、松阪自身が知名度抜群な為、広告塔として活躍できる可能性があるからです。

 

本当かどうか?は分かりませんが、もし年俸2000万で松阪を獲得したとしても、そのくらいの金額なら積極的に松阪にイベント(ファンとの交流)に出てもらったり、何度か登板させるだけで元が取れると思います。

怪物時代の松坂大輔を知っている人間なら、生の松坂大輔は観てみたいですからね。

登板させなくても、松坂大輔という知名度があれば、イベント(ファンとの交流)だけでも2000万くらい稼いでしまうかもしれません。

 

怪物時代の松坂を知っている私としては、このまま引退してほしくないのが本音ですし、広告塔だけで終わってほしくありません。

かなり確率は低いですが、何とか少しでも一矢報いて欲しいな、と思います。

中日が1月にテストを実施

どうやら、中日が来年1月下旬に松坂大輔をテストして、そこで合否を決めるというニュースが飛び込んできました。

もし、そうなったら松阪にとっては、初めてのセリーグ選手となります。

 

中日側としては、もちろん戦力になってもらわないと困るので、しっかりテストの際のピッチングを見て決めると思うのですが、とにかく松坂大輔は知名度があるので、ナゴヤドームやイベントでの集客力を期待している部分もある、とのこと。

確かに、初のセリーグ選手になった松阪を見たい人も多いと思うので、あとは入団テストでの松阪のパフォーマンスに期待しましょう。

もし、入団が決定したら、中日ファンとともに、地元の名古屋ではどのような反応が見られるのでしょうか。契約金の金額にもよって反応が変わるかもしれませんが・・・。

 

また、松阪は現役続行への思いが強いらしく、現在は台湾球界にも獲得を打診しているらしいので、出来れば現役を続けてあげさせたいな、と個人的には思います。

きっと、「もう一度、もう一度俺は復活するんだ」と、強い思いで臨んでいるのだと思います。

松坂大輔の引退はあり得る?

先程も言いましたが、どこのチームからも声がかからなければ、引退はあり得るし、引退するしかないと思います。

今年の段階で何十試合も1軍で登板していて、成績が振るわなかったのであれば、まだ復活の余地はあると思うのですが、それ以前の問題(右肩の不調でまともに投げられない)なので、かなり厳しい状況なのは間違いありません。

 

現役にこだわらなければ、松阪は知名度は抜群なわけですから、引退後の人生をしっかり設計していく方向にシフトしていけば、松阪だったら安泰じゃないかな、と。

解説もできると思いますし、監督やコーチなど選手の育成に関わっていく事も出来るでしょう。

 

ただ、タレントとして活動するのはやめておいたほうが良いかもしれません。

現に、元プロ野球の選手でタレントとして残っている人はほとんどいませんから。(元巨人の宮本選手くらいかな)

スポンサーリンク

松坂大輔の嫁と子供は何を思う?

引用元  https://matome.naver.jp/odai/2141816395381991101

松坂大輔の嫁と言えば、元日本テレビのアナウンサーの柴田倫世さんです。

 

若い人は知らないかもしれませんが、「スポーツうるぐす」というスポーツ専門のニュース番組でもサポートキャスターを務めていました。

ちなみにメインキャスターは、元巨人の江川卓氏。(若い人は、まず知らないと思います)

この時に、プロ野球の取材で松坂と知り合って、結婚したみたいですね。

 

そんな、柴田倫世と松坂の間には、

  • 長女
  • 長男
  • 次女

と、3人の子供がいます。

 

そして、私も事実を知ってびっくりしたのが、松坂がメジャーを諦めて、日本でソフトバンクと契約を結んだにも関わらず、柴田倫世と3人乗子供はボストンに残ったらしい、ということ。

どうやら、子供の教育を優先した、という事らしいのですが、この時の松坂の心情を考えると、ちょっと松阪が可愛そうだと思いました。

 

野球選手も含めて、プロのアスリートは体だけではなく、メンタルも充実していないと最高のパフォーマンスを発揮できないし、栄養管理にしても、外食ばかりではうまくいかないはず。(栄養を考えて、自炊出来る人なら良いですけど・・・)

それらを良い方向に導くのがパートナー(嫁)の役目だと思うのです。

2人の合意の上で、このような状況になったとしても、勝負の世界でメンタル的にやられている時に一人ぼっちは結構辛いと思いますね。

 

そして・・・・

以前に比べて、更に現在の方が厳しい状況なのは事実。

この状況を嫁の柴田倫世と大きくなった子供達は、どのように思っているのでしょう。

さすがに、引退に追い込まれるかもしれない状況なので、かなり心配しているのではないでしょうか。

 

もし、引退ということになって、次の仕事先も見つからなければ、今後の生活にも響いてきますからね。

いくら松阪が、今までかなりの金額を稼いできたからと言っても、家族をずっと養っていけるほどのお金は無いはず。

きっと、松阪と柴田倫世さんは、今後のことについて色々と話し合っていると思います。

まとめ

2018年の松坂大輔は、一体どのような方向に向かうのでしょうか。

 

松坂大輔の現在が厳しい状況にあるのに変わりはありません。

状況次第によっては、引退もあるでしょう。

 

ただ、怪物時代の松坂大輔を知っている私としては、このまま引退してほしくないな、と思います。(かなり厳しい状況ですが・・・)

その気持ちは、きっと嫁の柴田倫世さんと3人の子供も同じはず。

2018年は、松坂大輔にとって人生の岐路となるかもしれませんが、良い方向に向かう事を願っています。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です