平昌オリンピックでイケメン(男子)の日本人アスリートを種目別に紹介

もうすぐ平昌オリンピック(五輪)が始まりますが、競技そのものも気になりますが、あなたが女性ならば、イケメン(男子)の日本アスリートも気になるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、平昌オリンピック(五輪)で、イケメン(男子)の日本人アスリートを種目別に紹介します。

スポンサーリンク

フィギアスケート

羽生結弦

羽生結弦

平昌オリンピックで活躍するイケメンの日本人で、この人を外してはいけません。

怪我からの回復具合が心配ですが、紛れもなくフィギアスケートの金メダル候補の羽生結弦さん。

 

彼のプロフィールは、既に分かっているかもしれませんが、紹介ておくと、

プロフィール
  • 生年月日 1994年12月7日(23歳)
  • 身長 172 cm
  • 体重 53 kg
  • 出身 宮城県仙台市泉区
  • 所属 全日本空輸(ANA)

こんな感じ。

 

23歳とまだこの若さで王者の風格を漂わせるイケメンスケーターは、平昌オリンピックでも1番輝くメダルを獲得することができるのか?

現時点で、どこまで練習が出来ているのか?は分かりませんが、本番でいつも通りの滑りができれば、表彰台の1番上に立てるはず。

 

怪我から復活してくる羽生結弦の金メダルを期待しましょう。

スノーボード

平野歩夢

平野歩夢

今回紹介する平昌オリンピック代表の日本人の中で、最もイケメンだと思うのは、スノーボード日本代表の平野歩夢さん。(個人的な意見です)

 

彼のプロフィールは、

プロフィール
  • 生年月日 1998年11月29日(19歳)
  • 身長 165cm
  • 出身 新潟県村上市
  • 日本大学スポーツ科学部

こんな感じ。

 

平野歩夢は、2017年3月の全米オープンで左膝の内側側副じん帯損傷と腹部を強打して、肝臓も痛める大怪我をしてしまいましたが、現在は怪我も克服。

平昌オリンピックに照準を合わせて、1番輝くメダルを虎視眈々と狙っています。

 

ソチオリンピックでは銀メダルでしたが、平昌オリンピックでは、是非金メダルを持ち帰ってほしいと思います。

モーグル男子

遠藤尚

遠藤尚

最初に紹介するモーグル男子のイケメンは、遠藤尚さん。

 

彼のプロフィールは、

プロフィール
  • 生年月日 1990年7月4日(27歳)
  • 出身 千葉県船橋市
  • 所属 忍建設(スキー部)

こんな感じ。

 

彼は、今まで

  • バンクーバーオリンピック7位
  • ソチオリンピック15位

と、上位には毎回喰い込んでいるものの、まだ表彰台には立てていないので、今回の平昌オリンピックでは三度目の正直ということで、是非頑張っていただきたいと思います。

堀島行真

堀島行真

モーグル男子のイケメンの2人目は堀島行真さん。

 

プロフィールは、

プロフィール
  • 生年月日 1997年12月11日(20歳)
  • 身長 166cm
  • 体重 54kg
  • 出身 岐阜県揖斐郡池田町
  • 所属 中京大学

こんな感じ。

 

彼は、揖斐郡の池田町出身なんですね。

余談ですが、確か池田町には池田山といって、夜景がめっちゃ綺麗に見えるスポットがあって、若い頃に行った覚えが・・・。

 

堀島行真さんは、2017年フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権で金メダル(日本人で初)を獲っていて、平昌オリンピックでも更なる活躍を期待せずにはいられない選手の1人。

岐阜の若きイケメンは、きっと世界のトップに立ってくれると思います。

スポンサーリンク

スピードスケート

小田卓朗

小田卓朗

スピードスケートから紹介するイケメン男子は、小田卓朗さん。

 

彼のプロフィールは、

プロフィール
  • 生年月日 1992年07月13日
  • 身長 178cm
  • 体重 71kg
  • 出身 北海道浦河町
  • 所属 株式会社開発計画研究所

こんな感じ。

 

彼は、スピードスケートの1000mと1500mの日本記録保持者でもあり、平昌オリンピックでも強い海外勢を抑えてメダルを獲るかもしれない期待の選手。

是非、平昌オリンピックではイケメンぶりだけではなく、表彰台でも目立って欲しいな、と思います。

カーリング

両角友佑(もろずみゆうすけ)

両角友佑

カーリング代表から紹介するイケメン男子の1人目は、両角友佑(もろずみ ゆうすけ)さん。

 

プロフィールは、

プロフィール
  • 生年月日 1985年1月16日
  • 身長 177cm
  • 体重 78kg
  • 出身 長野県軽井沢町
  • 所属 SC軽井沢クラブ

こんな感じ。

 

彼は、1998年に地元の長野で行われた冬季オリンピックでカーリングと出会ったとか・・・。

平昌オリンピックでは、是非上位を狙ってほしいイケメン男子の1人です。

両角公佑(もろずみこうすけ)

両角公佑

同じ苗字の方を立て続けに紹介ですが、実は、両角公佑(もろずみこうすけ)さんは、両角友佑(もろずみゆうすけ)の弟さんです。

どうりで2人共イケメンのわけだ。(兄弟だから)

 

彼のプロフィールは、

プロフィール
  • 生年月日 1988年7月27日
  • 身長 165cm
  • 体重 68kg
  • 出身 長野県軽井沢町
  • 所属 SC軽井沢クラブ

こんな感じ。

 

両角公佑(もろずみこうすけ)さんは、兄の両角友佑(もろずみゆうすけ)さんの影響でカーリングを始めたんだとか・・・。

カーリングのようなチームプレイでやるスポーツは、兄弟だと意思疎通もスムーズに出来そう・・・という事で、今回の平昌オリンピックではイケメン兄弟に期待しましょう。

まとめ

今回は、平昌オリンピック(五輪)で、イケメン(男子)の日本人アスリートを種目別に紹介してきました。

 

どの選手もイケメンは当たり前ですが、やはりトップアスリートだけあって、目に力を感じます。

平昌オリンピックでは、是非イケメン(男子)アスリート全員にメダルを持ち帰っていただきたいと思います。

その可能性を持っている選手たちですから。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください