平昌オリンピック選手村の食事内容や場所は?味の素が食事提供?

平昌オリンピック選手村

平昌オリンピックもいよいよ開幕ですが、日本代表の選手達には大会前に備えてしっかり栄養も摂取して、体調万全で本番に備えてもらいたいところ。

 

そこで気になってくるのが平昌オリンピック選手村の食事内容や場所なのですが、どうやら食事内容がヤバイという噂になっているとのこと。

それを知ってかどうか?は分かりませんが、日本オリンピック委員会(JOC)が味の素に食事サポートを依頼しているとか・・・。

 

そこで今回は、この2つのことについて言及していきたいと思います。

スポンサーリンク

平昌オリンピック選手村の食事内容と場所

平昌オリンピック選手村の場所は2つに分かれていて、

2つの選手村
  • 平昌選手村 雪上競技日本代表選手が滞在(全体で約3500人滞在)
  • 江陵選手村 氷上競技日本代表選手が滞在(全体で約2700人滞在)

このように競技によって滞在する選手村が分かれています。(各選手村の正確な収容人数や、滞在人数は分かっていません)

つまり、スキージャンプや、スノーボードの日本代表選手は平昌選手村に滞在して、スケートの日本代表選手は江陵選手村に滞在するということですね。

 

そして、この選手村の食事内容ですが、現時点の情報では江陵選手村はビュッフェ方式で、色々な国の料理が24時間体制で食べられるそうです。

スキージャンプの葛西紀明選手は、日頃から好きな韓国料理を食べたらしく、美味しいです、というコメントもありました。

 

実際のところ(選手たちの本音)は分かりませんが、一応それなりに食べられる食事は提供されているようですね。

ただ、味や栄養面なども含めて、満足できている食事かどうか?は、微妙なところかもしれません。

 

そして・・・ある一部の報道では、

誤報道?
  • 平昌オリンピック選手村の食事内容なのか?
  • オリンピック運営スタッフ(ボランティア含む)の食事内容なのか?
  • 一般客に提供している食事内容なのか?

どれなのか?は分かりませんが、ヤバイ内容になっているんだとか・・・。

 

以下の2枚の写真は、食事内容の一部だという話になっています。(これが事実かどうか?は分かりません)

平昌オリンピック食事内容 平昌オリンピック食事内容

この情報がガセであれば良いのですが、もし本当であれば、あまり良い食事内容とは言えません。(盛り付けがひどいので、余計にひどく見える)

 

栄養的に見れば、まだサンマ?がある方の食事は許せるレベルですが、食パンの方は、栄養面無視の一般人の朝食です。(美味しく無さそうだし)

さすがに、この食事内容をオリンピック選手に提供していないことを願います。

 

まあ、この食事をオリンピック運営スタッフ(ボランティア含む)や、一般客に提供していても、あまり良い気分はしないでしょう。

ましてや、この料理が日本円で1000円くらいする、という情報もあるくらいですから・・・あり得ない話です。

スポンサーリンク

味の素が食事サポート

先程の話に繋がりますが、選手村の食事がヤバイかどうか?は別にして、

「あまり口に合わない」

という日本代表選手も出てくるはず。

そんな選手たちの為に、日本オリンピック委員会(JOC)が味の素に日本代表選手の食事サポートを依頼して、実現したのがG-Road Station(ジーロード・ステーション)という施設です。

 

選手村の食事が合わない選手に対して、

味の素提供・食事内容
  • 白米
  • 炊き込みご飯
  • 汁物(豚汁・ギョーザ入り野菜スープなど)
  • 麺類
  • 鍋料理
  • デザート(ヨーグルト・果物など)
  • コーヒー・紅茶

などを提供しているそうです。

 

この報道を見てたら、

「選手村で食べなくても、こっちで食べたほうが栄養面も味も良いんじゃないの?」

と思いました。

きっと、平昌オリンピックが開催して中盤あたりになったら、ほとんどの日本代表選手は、選手村の食事に飽きて、こちらで食事をしているかもしれません。

 

ちなみに、このG-Road Station(ジーロード・ステーション)は、選手村のすぐ近くに隣接されているそうなので、日本代表選手も利用しやすいそうですよ。

味の素も宣伝になるし、まさにWin−Winではないでしょうか。

まとめ

今回は、平昌オリンピック選手村の食事内容や場所について言及してきました。

また、味の素が食事提供している施設、G-Road Station(ジーロード・ステーション)の紹介もしました。

 

平昌オリンピック選手村の場所は2つに分かれていて、日本代表選手はどちらかの選手村で食事を摂る形となります。

その選手村の食事内容は、一般報道ではビュッフェ方式で色々な国の料理が食べられるそうですが、一部の報道ではひどい食事内容ではないか、という話にもなっています。

ただこれは、オリンピック選手にではなく、一般客に提供される食事内容だというのが1番有力ではないでしょうか。

これが本当だったらかなりひどい話ですけど・・・。

 

日本代表選手の方は、味の素が提供してくれたG-Road Station(ジーロード・ステーション)がありますので、もし選手村の食事に飽きた場合は、こちらをどんどん活用して頂いて、栄養面も味も満足していただければと思います。

やっぱり、日本人は日本の食事が合っていますからね。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください