斎藤慧がドーピング陽性の原因は誰の仕業?選手村の食事で盛られた?

今回、平昌オリンピックでショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手がドーピング検査で陽性反応が出てしまいました。

しかし・・・

斎藤慧選手の真摯な対応やコメント、ショートトラックの川崎努監督のコメントからして、どうやら斎藤慧選手は、故意的に禁止薬物の摂取はしていないようです。

 

じゃあ、斎藤慧のドーピング陽性の原因や理由は何なのか?どういった経路で斎藤慧選手の体内に禁止薬物は入ったのか?誰かの仕業なのか?選手村の食事に混入(盛られた)していて誰かにハメられたのか?

このあたりについて、言及していきたいと思います。

スポンサーリンク

斎藤慧がドーピング陽性の理由!原因

ズバリ、斎藤慧がドーピング陽性反応が出た理由、原因は選手村の食事、あるいは食堂で何かあったのではないか?と推測しています。

 

最初は、斎藤慧選手のドーピング陽性反応は、故意ではなく、

ドーピング陽性の原因
  • 風邪薬(市販の薬)
  • 漢方薬
  • 栄養ドリンク
  • サプリメント

これらを知らずに摂取して、その中に禁止薬物が配合されていたのだと思っていました。

 

しかし・・・

斎藤慧選手の体内から検出されたのは、『アセタゾラミド』という利尿薬や緑内障の治療、高山病予防に使われる薬物でした。

 

この事から、『アセタゾラミド』という薬物が斎藤慧選手にとって全く無縁で、もし摂取しても、何のメリットも効果も無い薬物だというのが分かると思います。

そもそも、風邪薬や漢方薬、栄養ドリンクやサプリメントには、『アセタゾラミド』のような特殊な薬物は入っていないはず。

 

また、斎藤慧選手も口に入れたら怪しいモノは把握していたはずですし、対象になりそうなモノは一切口に入れないようにしていたはず。

それに、検出された薬物の『アセタゾラミド』は、日本では処方箋がないと購入できない薬となっているとのこと。

そんな薬物を摂取するのは難しいですし、本人もそのあたりはかなり気をつけていたはず。

 

1月29日のドーピング検査では、陰性反応が出ていたのですから、そこから陽性反応が出そうなモノは、わざわざ自ら摂取するわけはありません。

なのに、平昌入りした2月4日の抜き打ち検査では、陽性反応が出ているのです。

 

ここで、斎藤慧選手がドーピング陽性反応が出た理由、原因として可能性があるのは、平昌のどこかで食べた食事、あるいは選手村で食事の中に薬物が混入されていたのではないか、と。

つまり、誰かが誰かに頼まれてかどうか?は分かりませんが、斎藤慧選手の食事に『アセタゾラミド』を混入した可能性があるかもしれない、という推測です。

 

これはあくまでも、私の勝手な推測ですが、このような予想をしないと、斎藤慧選手にドーピング陽性反応が出た理由、原因が分かりません。

斎藤慧選手が自ら『アセタゾラミド』を摂取する経路もありませんし、摂取するメリットも無いのですから。

 

もし、あるとしたら、斎藤慧選手がアドバイスを受けているトレーナーか誰かが『摂取してもOK』を出した何かを摂取して、それに『アセタゾラミド』が配合されていたか・・・です。

過去のドーピング違反事例

この事件は、2017年9月のカヌーの日本選手権で起きたドーピング違反事例です。

・・・と言っても、このドーピング違反は、故意的ではなく、ライバル選手の小松正治選手をを蹴落とす為に、鈴木康大選手が禁止薬物を小松正治選手の飲み物に混入したという事件でした。

 

非常に残念な出来事でした。

スポンサーリンク

斎藤慧のプロフィールと経歴(実績)

出典 http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180213/pye1802130016-n1.html

プロフィール
  • 生年月日 1996年2月20日
  • 身長 161cm
  • 体重 55kg
  • 学歴 神奈川大学
  • 種目 ショートトラック(スケート)
経歴(実績)
  • 2014年 全日本距離別選手権1000m優勝

まとめ

今回は、斎藤慧がドーピングが陽性の原因や理由は何なのか?どういった経路で斎藤慧選手の体内に禁止薬物は入ったのか?誰かの仕業なのか?選手村の食事に混入(盛られた)していて誰かにハメられたのか?などについて言及してきました。

 

今回の話は、全て私の勝手な推測であって、真実は全く違うかもしれませんが、今までの情報からすると、斎藤慧選手が故意的に禁止薬物を摂取したことは考えられにくいですし、知らずに禁止薬物を摂取したことも考えられにくいです。

4年間の自分の集大成を見せる為に、平昌入りしたわけですから、口の中に入れるモノも相当気をつけていたはず。

 

まあ、こればかりは分かりませんけど、そうやって考えていくと、

「誰かに食事の中に禁止薬物を盛られたんじゃないの?」

という推測をしてしまいます。

 

どちらにしても、陽性反応が出てしまったのは事実。

周りも残念に思っているでしょうけど、1番悔しい思いをしているのは、斎藤慧選手本人ではないでしょうか。

二度とこういう事が起こらないことを願っております。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください