平昌オリンピックフィギュア男子代表の田中!メダルの可能性は?

田中刑事

もうすぐ平昌オリンピック(2018)が始まりますが、今回注目したいのは、オリンピックフィギュア男子代表の田中刑事選手です。

名前も独特なので、すぐ覚えられて知名度も一気に上がったことでしょう。

あとは、知名度だけではなく、一緒に実力も上がったところ見せられるか?言ったところ。

 

そこで今回は、平昌オリンピックフィギュア男子代表として選ばれた田中刑事は、メダル(表彰台)の可能性があるのか?という事について話してみたいと思います。

その前に、田中刑事の簡単なプロフィール(経歴)から紹介します。

スポンサーリンク

田中刑事のプロフィール(経歴)

プロフィール
  • 生年月日 1994年11月22日
  • 出身地 岡山県倉敷市
  • 身長 172cm
  • 体重 60kg
  • 所属 倉敷芸術科学大学

去年(2017年)の全日本選手権で2位になって、平昌オリンピック日本代表に選ばれました。

平昌オリンピック・田中刑事のメダルの可能性

実は、田中刑事は羽生結弦と同学年。

羽生結弦が4年前に金メダルと獲得した時(ソチオリンピック)は、まだ田中刑事はアマチュアでした。

 

羽生結弦と比べるのがいけないのかもしれませんが、活躍し始めたのが少し遅くなります。

ただ、ここ最近は着々と実力をつけているのは確か。

現に、田中刑事は平昌オリンピック代表の座を自分の実力で勝ち取ったのですから。

 

田中刑事は、前回の全日本選手権でも勝負強いところを見せて、見事平昌オリンピック代表の最後の枠を手に入れました。

ただ、結論から言ってしまうと、現時点で田中刑事が平昌オリンピック男子代表でメダルを獲得する可能性はあるけど、上位トップ選手がいつもの滑りをしてしまうと、ちょっと苦しいと思います。

スポンサーリンク

どうすれば田中刑事はメダルを獲得できるのか?

現在の田中刑事の世界ランキングは18位。

 

実力上位の選手、

メダル候補
  • 羽生結弦
  • 宇野昌磨
  • ネイサン・チェン

このあたりがベストパフォーマンスを見せれば、さすがに田中刑事もメダルを獲得する可能性は低くなるでしょう。

 

ちなみに、田中刑事選手の最近のスコア(GPシリーズとGPファイナル)を確認してみると、250点弱と、他の2人(羽生結弦と宇野昌磨)と比べると、やや劣ります。

彼ら(先程紹介した3人)は、290〜300点くらい。

今までの結果から見ると、このくらいの差がある、という事です。

 

しかし、彼らも人間ですからミスもしますし、羽生結弦に至っては、怪我からの復帰でぶっつけ本番。

宇野昌磨にしても、この大舞台で緊張していつもの実力を出し切れない事も考えられます。

 

そう考えると、田中刑事がメダルを獲得するためには、

  • トップ上位の選手がいつもの滑りが出来なかった
  • 田中刑事がミスを極力しない滑りを見せる

この2つの条件が揃えば良いということになります。

 

まあ、口では簡単に言えることですが、そもそもミスをすること無く滑るのは難易度が高いです。

ただ、ここ一番の勝負強さを見せている田中刑事選手には、ぜひとも頑張って頂きたいと思います。

まとめ

平昌オリンピック(2018)フィギュア男子代表として選ばれた田中刑事はメダル(表彰台)の可能性があるのか?という事について言及してきました。

 

前評判からして、順調に行けば、

メダル候補
  • 羽生結弦
  • 宇野昌磨
  • ネイサン・チェン

この3人がメダル有力候補だと言われています。

 

しかし、勝負の世界は何が起こるか分かりません。

着々と実力をつけてきた田中刑事選手は、本番にも強そうなイメージがあるので、名前もインパクトがありますが、結果もインパクトを与えてれるかもしれません。

極力ミスをしない滑りが出来れば、メダルを獲得する可能性も出てくると思うので、是非頑張って頂きたいと思います。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください