上原浩治の来季の移籍先が無い場合の今後!嫁の山崎美穂も心配?

上原浩治

2017年の現在、カブスからフリーエージェントとなっている上原浩治の来季の移籍先がまだ決まっていません。

現状は、オファーを待っている段階だということですが、もしオファーが無かった場合はどうするのでしょうか?

 

きっと、上原浩治の嫁、山崎美穂も何かと心配していることでしょう・・・という事で、このあたりについて深く突っ込んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

もしオファーが無かったら?

現時点では、上原浩治はどこからもオファーが無かった場合、

『引退する』

というようなコメントをしているようです。

つまり、マイナー契約もしないし、日本球界にも戻らない、と。

 

かなり、こだわりを持っているみたいですね。

まあ、現在の年齢が42才という事を考えると、今の実力で通用しなかったら、再起を図ってもこれ以上の結果は望めない、という事を本人が分かっているのかもしれません。

言い方を変えれば、今までも常に全力でやってきたからもう自分は必要無い、と言われたらしょうがない、という覚悟の表れなのでしょう。

 

上原浩治は、巨人の頃から心臓に毛が生えているのか?というくらいマウンドでは、どんなバッター相手にも堂々としたピッチングをしていたので、きっとこういう性格がそうさせているのかもしれません。(すでにデビュー戦から堂々としていますから)

 

ある意味、男としてかっこいいと思います。

でも、野球が大好きだから、どんなところに行っても良いからまだ野球をしたい、という気持ちでも素晴らしいと思います。

 

どっちでも、真剣に全力でやっているのなら、その答えに正しいも正しくないも無いんじゃないかな、と。

もし引退したら?

もし、上原浩治が引退したとしても、やれる仕事は沢山あると思います。

 

例えば、野球解説や、指導者(コーチ、監督)もやろうと思えば出来ますし、メジャー経験も長いので、これからメジャーを目指す選手に対してアドバイス的な仕事も出来るのではないでしょうか。

上原浩治は、メジャーでも色々な面で対応出来ていて、環境対応能力がありそうな感じなので、どこでもやっていけそうな感じです。

あとは、たまにテレビ出演してタレント的な事をしても良いかもしれません。(出過ぎると飽きられると思いますが・・・)

 

いずれにしても、肝っ玉が座っていそうな上原選手なら、野球をやめても上手くやっていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

嫁の山崎美穂の心境

引用元    http://blog-imgs-61.fc2.com/h/e/e/heekogirl/005161_03.jpg

上原選手の嫁さんは、元レースクイーンの山崎美穂さん。(左側です)

さすが、レースクイーンだけあって当時はスレンダーで美脚ですね。

 

そして、上原選手とは2004年に結婚したそうで、現在は、一真(かずま)くんという息子さんがいます。(漢字は一馬かもしれません)

現在は、11歳になるのかな。

 

嫁の山崎美穂さんは、一真君を育てながら、今まで上原選手のサポートをしてきたと思いますが、現在は、心境的にはすごく心配じゃないかな、と思います。

今後のことは、色々と話し合っているとは思いますが、家族の生活のことを考えると、メジャー以外でも日本球界と契約できそうならして欲しいと思っているかもしれません。

現時点で、上原選手が怪我を抱えているわけでもないですし、成績も今までの成績と比べれば悪かったものの、日本でプレーするとなれば、きっと契約できるはず。

年齢的には長い年数の契約は難しいかもしれませんが、山本昌(元中日)のように50才まで現役で投げた投手もいますからね。

 

逆に、山崎美穂さん自身は、今までずっと走り続けてきた上原選手に、

「もし、オファーがこなくてやめたとしても、今度は、次の人生を一緒に頑張っていこう」

という言葉をかけているかもしれません。

 

結果的に、どこかのチームからオファーが来れば1番良いですが、もし来なかったとしても、上原浩治は第2の人生も上手くやっていくと思います。

まとめ

上原浩治の来季の移籍先が無い場合の今後の活動についてや、嫁の山崎美穂の心境についてなど、個人的な意見で好き勝手予想してみました。

 

実際の現状は、上原選手はカブスからフリーエージェントとなっていて、来季の移籍先がまだ決まっていません。

もし、オファーが来れば、オファーがきたところにきっと行くでしょう。

オファーが来ない場合は、上原本人は引退する、と言っているので、もしかしたら引退もあり得ます。

 

そこらへんは、嫁の山崎美穂さんも心配していると思いますが、引退となったらどうしようもありません。

第2の人生設計を2人でしていく必要がありますが、マウンドでも度胸がある上原選手は、引退してもきっと仕事に恵まれて、良い人生を送ると思います。

まあ、まだ引退が決まったわけではないですから、今はオファーが来て、またメジャーで上原選手のユニフォーム姿が見られるのを願っております。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です