亀田興毅が現役復帰宣言したのはなぜ?理由は?やり残した事がある?

亀田興毅

なんと、亀田興毅が自らプロのリングに現役復帰することを宣言しました。

 

現役復帰することに決めたのはなぜなのか?理由は何なのか?

このあたりについて言及してみたいと思います。

スポンサーリンク

亀田興毅の現役復帰宣言

1月1日にAbemaTVで『亀田大毅に買ったら1000万円』という企画があり、大毅選手は、結果的には4人+1人の挑戦者を見事に退けました。

そして、エンディングを迎えて、大毅選手や5人の挑戦者、ゲストやコメンテーターへのインタビューが一通り終わって最後に亀田興毅のコメントとなった時、重大発表があるという話に・・・。

 

そこで、亀田興毅は、

「プロのリングに現役復帰します」

と、衝撃の発言をしました。

これは、私も生放送で見ていたのですが、めっちゃびっくりしました。マジか、と。

亀田興毅が復帰を決めた理由(なぜ)

亀田興毅は、プロのリングに現役復帰する、というコメントとともに、

「やらなければならない試合がある」

「その試合ができるのであれば、復帰したい」

みたいな話をしていました。

 

やらなければいけない試合とは、誰との試合なのでしょうか?

正直な話、現時点では亀田興毅が現役復帰する理由は、亀田興毅本人と亀田一家くらいしか分からないでしょう。

きっと、明日中にはニュースでも色々と報道されると思うので、復帰の理由が分かり次第情報を追記したいと思います。

スポンサーリンク

ちなみに私の個人的な予想は、本日(1月1日)の『亀田大毅に勝ったら1000万円』の企画や、前回の自分が戦った企画(亀田興毅に勝ったら1000万円)を通して、

『戦いたかったけど戦えなかった相手ともう一度リングに上がって試合がしたい』

と思ったからかもしれません。

 

きっと、自分が前回の企画を通して更にボクシング愛が強くなり、今回の大毅選手の試合や、挑戦者が大毅選手に立ち向かっていく姿を見て、

「熱いものがこみ上げてきた、あるいは蘇ってきた」

のではないか、と。

素人の私でさえも、前回と今回の亀田家1000万円企画を見て、少しはこみ上げてくるモノがあるので、本気でボクシングをしてきた人は、ものすごい影響されたかもしれません。

 

31歳(現在の亀田興毅の年齢)で現役復帰は、体力的にキツイと思いますが、是非頑張って欲しいな、と思います。

亀田興毅のやらなければならない試合とは?

亀田興毅が言っていた、やらなければならない試合というのは、現役時代に

やらなければ行けない試合とは?
  • 現役時代に因縁の相手
  • 現役時代に対戦が実現できなかった相手

この2つのどちらかの相手との試合だと思います。

いったい、やらなければ行けない試合、相手とは一体誰なのでしょうか?

 

ただ、ここで思ったことがあるのですが、それは亀田興毅の今後のこと。

確か、亀田興毅は引退時の時点で国内選手ライセンスを剥奪されていたはず。

最後の引退試合も、海外(シカゴ)で試合をして、負けてしまい、引退を表明しました。

 

そうなると、現役復帰を宣言しても、日本のリングでは戦えないことになるのだけど、どうするんだろう?という疑問がわきます。

海外で試合をやるつもりなのでしょうか?

生放送の中で、あれだけ大々的に復帰宣言をしていますから、既に国内選手ライセンスを取得出来る目処が立っている、という見方も出来ますけどね。

 

いずれにしても、亀田興毅の今後の行動は要チェックです。

まとめ

今回は、『亀田大毅に買ったら1000万円』の企画のエンディングで、亀田興毅が現役復帰すると宣言した、という事について言及してきました。

 

亀田興毅が現役復帰したのはなぜなのか?という理由については、現時点で確実な情報はありません。

やらなければいけない試合とは、対戦相手は誰のことを指しているのでしょうか?

 

まだ、実際の現役復帰の理由は分かりませんが、復帰するからにはとことん頑張って欲しいな、と思います。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください