坂上探検隊の狩野英孝の企画はやらせ?ライオンと自撮りは危険すぎる

狩野英孝

本日、2018年1月27日(土)の21時から、坂上探検隊という番組が放送されます。

 

坂上探検隊は、芸人が体を張って色々な企画に挑戦する番組なのですが、その中でも凄いというか危険じゃないの?というのが狩野英孝さんの体当たり企画。

どんな企画なのか?というと、狩野英孝さんが南アフリカ共和国で動物の着ぐるみを着て、猛獣たちとの自撮りに挑戦するというもの。

 

そして、予告動画ではライオン二頭に追われたり、サイに近づいたり、チーターに噛まれたりするところを見ることが出来ます。

ここで思ったのは、坂上探検隊の狩野英孝の企画はやらせじゃないの?特にライオンと自撮りは危険すぎるんじゃないか、と。

今回は、そのあたりについて言及していきたいと思います。

スポンサーリンク

坂上探検隊の狩野英孝の企画はやらせ?

今回、狩野英孝さんの企画以外は、あまり何も思わなかったのですが、着ぐるみで野生の動物と自撮りをするという企画はやらせじゃないの?と一瞬思ってしまいました。

 

でも、さすがに飼い慣らされたライオンやサイを現地まで車で運んで、放し飼いにしてロケを行った、という事はちょっと考えられにくい。

そもそもサイは、デカい上に重すぎて運べないと思うし・・・。

 

ただ、野生のライオンやサイ、チーターなどに着ぐるみで接近して、自撮りをするという企画はあまりにも危険すぎる。

野生の動物は、台本通り動いてくれないですから、もし一歩間違えば、狩野英孝さんは命を失いかねません。

なので、やらせとまでは言えないとしても、狩野英孝さんがライオンやサイに近づいているシーンでは、カメラに写っていないところで、いつでも対象の動物を仕留められるように銃を構えていたかもしれません。

ちょっとでも、狩野英孝さんの命が危険だと思ったら撃てるように・・・・。

 

でも、そのくらいの準備をしておかないと、本当に番組の収録中に狩野英孝が大怪我を負ったり、下手したら命を落としますから。

ライオンと自撮りは危険すぎる

いくら着ぐるみを着ていると言っても、ライオンの爪や牙は、着ぐるみを貫いてくる可能性は無いとは言い切れません。

通常、ライオンは人を襲って食べるということはありませんし、今回の狩野英孝さんのロケに関しても、あらかじめライオンに餌を与えてお腹一杯にさせてから撮影した可能性もあります。

 

ただし、先程も言いましたが、野生のライオンは台本通り動いてくれるわけではありません。

最悪の事態を想定すれば、いかにこのロケが危険だということが分かるのではないでしょうか。

視聴率を取るために芸人が体を張るのは悪いとは思いませんが、限度があるんじゃないかな、と個人的に思いました。

スポンサーリンク

サイはも危険な動物

野生のサイは、短気な側面を持ち、場合によってはいきなり攻撃を仕掛けてくることもあると言います。

特に、子どもを連れているメスのサイや、年老いたオスのサイには、絶対に近づいていけないとか・・・。

 

また、サイの体重はおよそ3トンくらい言われていて、走るスピードは時速50kmとも言われています。

例えば、サイに突進されるのと、時速50kmで走行している車に轢かれるのと同じようなものだと思っていただくと分かりやすいかもしれません。

つまり、サイに襲われたら超危ないということ。

 

こういうことを分かって今回のロケを行っていたと思いますが、分かっていてやるのはいかがなものか、と思ってしまいます。

狩野英孝の自撮り企画放送終了後の補足説明について

狩野英孝さんが着ぐるみをきて、猛獣(ライオンやサイなど)と自撮りとを撮る企画が終了した際に、

南アフリカではVTRのように動物に接近する行為は禁止されています。ただし、今回の撮影は広大な私有地で人に飼われ、人に慣れている動物たちに対して、動物の生態を熟知している所有者の許可と指導のもと、安全に配慮して行いました

このようなテロップが流れました。

 

これを見た時は、

「そうだよね・・・じゃなかったら、野生の猛獣にあそこまですんなり近づいて無事に帰れる保証なんて無いから。」

と、ほんの少しだけ安心しましたが、いくら人に慣れているからと言って絶対大丈夫だという保証はありません。

今までだって、動物園の動物に飼育員が襲われた例もありますから。

 

とにかく今回は、怪我もなく、無事で何よりでした。

まとめ

この記事では、坂上探検隊の狩野英孝の企画はやらせじゃないの?特にライオンと自撮りは危険すぎるんじゃないの?と思ったので、そのことについて色々と言及してきました。

 

今回は、無事にロケを終えていますが、万が一のことを考えると、狩野英孝さんの企画に関しては、

「やらせじゃないの?」

と思うほど、危険な事をしたと思います。

 

見てる側からすれば、面白いと感じる人も沢山いると思いますが、撮影側からすれば、きっと命がけだったと思います。

まあ、今回は何事もなく、坂上探検隊を放送できるようなので、ひとまずはお疲れ様でした、というところでしょうか。

ただ、こういう企画で視聴率を取るよりも、もっと他の方法で取る選択はないのかな、と思ってしまいました。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください